ギャッベの洗い方

家族の憩いの場となるギャッべ(ギャベ・Gabbeh)は、長い時間を過ごすことが多い場所なだけに汚れがちです。ギャッベのユーザーは子育て世代が多く、色々とお金のかかるタイミングのため、メンテナンス費用の捻出に苦労する人が多いかもしれません。今回は家庭でも綺麗にできる汚れを、クリーニング師・染色補正技能士の有資格者の追分が、絨毯メンテナンスの専門会社の手法と合わせてご紹介。自宅のギャッべに活かしていただきたいと思います。

前提は汚さないこと

ギャッベの上で飲食を避ける、食事するときはビニールシートを敷くなど、まずは汚さないように意識することが大切です。ビニールシートはピクニックなどで使うもので十分。ニトリなどのインテリア量販店なら、サイズを指定すればカットしてくれるのでおススメです。

そのうえで、汚してしまった際にはすぐに対処するのが大切。それにより、後々シミになりにくかったりにおいが出るのを防げたりします。ギャッベのユーザーは小さなお子さんを持つご家庭が多いので、汚れるのはある程度仕方ありません。その中で可能な限り汚さないよう気をつけ、汚してしまった場合は素早く対処することでギャッベを長持ちさせられます。

液体を少しだけこぼしたときの応急処置

シミは飲み物や食べ物に含まれるタンニンが原因となるのが殆どで、醤油やコーヒー、お茶、ワインなどに含まれています。コップ半分ほどの少量の液体をこぼしてしまった場合は、シミが広がらないようティッシュやタオルによく吸わせ、しっかり水拭き。その後、ちゃんと乾かすことが重要です。乾かすことでにおいの発生を防止します。こぼした液体を原因とするシミが拭き取り切れず残ってしまっているようであれば、専門のクリーニング業者へ依頼するのをおススメします。シミは時間の経過とともに濃く変色していき、早急に対処すれば洗いだけで取れるシミも、しみぬきが別途必要(しみぬき費用が追加される)になったりするからです。さらに、数年単位で変色したしみはしみぬきでは取れなくなるものもあります。

液体を大量にこぼしてしまった時は水洗い

座布団サイズや60㎝×90㎝以下のギャベなら、縦型洗濯機を使って自宅で洗うことができます。

【用意するもの】

・石けん サンダーレッド画像と自社ECサイトリンク

・クエン酸(無ければレモン果汁)画像

・タワシ

・ヘアブラシ

・洗濯干し竿

石鹸 天然由来の大豆石けんを使って洗いました!

【ギャッべの洗い方】

注意点としては、天気予報を確認して、数日間晴れるようであれば水洗い後に外干し。もし雨予報などで外に干せない場合は、その日洗うことはあきらめて椅子などを使ってギャッベを浮かし、裏側がしっかり通気するようにしつつ屋内で干しましょう。一度川乾かして晴れの日まで待ちましょう。

①ギャッベの裏に水をかけて、タワシと石けんでごしごし洗う

裏もしっかり洗おう! 虫やカビは裏に集まってきます
水と石鹸でゴシゴシと洗う

②水ですすぐ

③ギャッベを表返しにしてよく水をかける。その後タワシと石けんでごしごし洗う

表側も水と石鹸でゴシゴシ洗います

④水ですすぐ

水でよくすすぐ

⑤丸めてよく踏む(粗く絞る)

丸めて乗っかるようにすると水が押し出されてきます

⑥7%のクエン酸水溶液(質量で水93に対してクエン酸7の水溶液。濃度はざっくりで大丈夫)をかけて1~2分待つ。弊社の経験上、濃度は7%あれば十分です。肌にとっても絨毯の素材にとっても環境にとっても、石けんやクエン酸は薄い方がいいです。ちなみに家庭用絨毯は処理排水の浄化設備がある「クリーニング所」で洗うことになっています。○クリーニング業法の疑義について(平成四年八月一〇日)(衛指第一五七号)

(大きめ(4Lくらい)のジョウロなどでギャッベ全体にまんべんなくかけましょう。クエン酸によって、石けんでアルカリ性になったギャッベを中和します。「ぬめりを取る」、アルカリによるウールの傷み・繊維が黄ばむ『黄変』を防ぐ」「絨毯そのものを柔らかく仕上げる」という効果があります。また、酸をかけることで染料が安定し、色泣きを軽減する効果もあります。

クエン酸水でPHを調整する(ウールを長持ちさせます)

⑦水ですすぐ

⑧経糸と平行方向にに三つ折りにする

三つ折りにする

⑨縦型洗濯機にセットする。絨毯を経糸方向に三つ折りにして洗濯機の円筒に合わせて置きます。色泣きした場合はタオルを巻き込んで折ります。その際、ギャッベを配置した反対側に、同じくらいの重量物(40cm×40cmのギャッベなら濡らしたバスタオル1枚、60cm×90cmのマットサイズなら、濡れたギャベと同じくらいの重さと同程度の濡らしたバスタオルを2〜3枚)をセットしておく(遠心分離脱水時の揺れ防止の為)

⑩縦型洗濯機の「脱水」機能のみを使って脱水する(3分程度)

⑪脱水機から取り出し、今度は経糸に直角の方向から巻いてよく踏む

今度は毛向きの下から経糸方向に巻く
巻いたら乗るようにして体重をかけて脱水シワを除去する

⑫日当たりの良い場所に置いてヘアブラシで毛向きを整える

干すときにブラッシングをする。ブラッシングしないと寝ぐせ状になる部分がでてくる

⑬⑫でギャッベの表面が乾いていても、中はまだ濡れています。そこで、家のベランダなどで物干し竿に掛けたり、洗濯干しネット、洗濯干しラック、ビール瓶ケースなどで裏を通気させてたりして乾かしましょう。ちなみに、乾かすのには数日必要です。目安にするのは、触った感じの湿り気と、においの確認です。乾くと濡れたウール独特のにおいがおさまります。まだにおうようなら継続して乾燥させてください。雨が降っても大丈夫なように軒下が良いです。

⑭乾燥したことを確認できたら完了

ネット等を使って浮かせ、裏側も通気させる

 

なお、60㎝×90㎝以上のギャッベだと脱水機の大きさが足らないことが多く、ご自宅での洗いは難しいかもしれません。その際は専門業者に依頼することをおススメします。

下記ご不明な点、ご質問は当社のLINE公式アカウントまでお問い合わせください。

LINE公式  https://lin.ee/9B412kC

TEL:03−5691−1270

絨毯オンラインショップ  https://tonerirugs.stores.jp

ギャッベの洗いYOUTUB動画  https://youtu.be/vSWiTDVJ5_E

貴方の家の絨毯洗ったことありますか?  https://youtu.be/qoio7UruYrI

 

株式会社大成コーポレーション 追分脩司

お問い合わせ先

大成コーポレーションのLINE公式アカウントでは、絨毯に関するさまざまな情報を発信しています。また、修繕や販売についてのご質問などもLINE公式アカウントで受け付けておりますので、ご登録のうえ、お気軽にお問い合わせください。

そのほかの記事を見る