大切にしたい房(フリンジ)は普段どこに気を付けるべき?

房糸の修理風景

絨毯の見栄えを決定づける決定づけるデザインに「房(フリンジ)があります。汚れてくると黒ずんできたり、犬に食いちぎられたり、掃除機で吸われて擦り切れたり。絨毯修理でもっとも多いご依頼が、房の植え替え修理です。そんな房ですが、日々の生活で少し注意すれば、傷みを抑えることができます。

そもそも房って何だろう

房は経糸(織物の縦糸)の延長です。絨毯が織りあがった際に、織り機に張った経糸が端から切り離されます。その切り離された経糸が房糸になります。経糸の素材は産地によって違い、細かく織る絨毯はシルクが使われることが多く、丈夫な絨毯は綿、エスニックでかわいい絨毯はウールの経糸が多いです。

クリーニング時に房は漂白してできる限り真っ白に仕上げる

 

房は白いものが多いので汚れが目立ちやすいです。そのため「真っ白でキレイなものに取り換えてほしい」という要望を多くいただきます。

当社の房修理はペルシャ職人が手作業で行います。糸の太さを産地の糸に合わせ、植え替え後、必要であれば、色を合わせるために染めて、違和感がないよう房修理をしています。

普段どこに気を付けたらいいか

房に掃除機はなるべくかけず、コロコロで対処

房はパワーブラシなどで擦り切れることが多いため、汚れが気になってきたらコロコロなどでうまくほこりを取り除きましょう。皮脂汚れなど黒っぽい汚れが目立ってきたらクリーニングを検討してください。

ちなみに、房を折り返してベルトで裏側に押さえる加工があります。裏へ折り返してしまえば掃除機で傷めることもなくなり、裏面に折り返すので汚れにくくもなるため、こうした処理をされるご家庭は多いです。

犬にかじられる・猫の爪とぎ、猫キック被害

「犬にかじられる」はしつけが必要なのは前提として、我が家の犬は、当社で開発した消臭スプレー(https://peraichi.com/landing_pages/view/bergafresh/)が柑橘系の匂いのため、絨毯に消臭スプレーを吹き付けると良いと思います。

ペットのしつけ等はなかなか難しい面もあるとは思いますが、ご参考になれば幸いです。また、破損した絨毯は早めに修理することをオススメします。破損は放っておくと悪化していき修理の手間が増えるため、工料が高くなってしまう恐れがあるからです。

房の傷みが気になっている方は、下記当社のLINE公式アカウントまでお問い合わせください。

LINE公式  https://lin.ee/9B412kC

TEL:03−5691−1270

絨毯オンラインショップ  https://tonerirugs.stores.jp

ギャベの洗い  https://youtu.be/vSWiTDVJ5_E

貴方の家の絨毯洗ったことありますか?  https://youtu.be/qoio7UruYrI

 

株式会社大成コーポレーション 追分脩司

お問い合わせ先

大成コーポレーションのLINE公式アカウントでは、絨毯に関するさまざまな情報を発信しています。また、修繕や販売についてのご質問などもLINE公式アカウントで受け付けておりますので、ご登録のうえ、お気軽にお問い合わせください。

そのほかの記事を見る