絨毯選びは好みやインテリアと相談しお店で実物を見るのが大切

絨毯販売の仕事をしていると、お客様から「どうやって選べばいいかわからない」というご相談をいただくことが多いです。本音を言えば「あなたが気に入った物を買ってください」とお答えしたいところですが(笑)、そこはプロとして、もう少し具体的にアドバイスさせていただきます。

大きく分けると、検討すべきは上記の4項目。そしてその前に、機械織のラグなのか、手織り絨毯がいいかを決めましょう。

絨毯のオススメの選び方

色彩のギャラリー絨毯展示

機械織のラグは、多くのメーカーや販売店さんにあるカタログで確認できます。カタログを通して、どんなデザインがあるのか、サイズや予算はどのくらいかを、検討できるのが最大の利点です。また、無地の絨毯があるので、インテリアと合わせやすいです。一方、手織り絨毯の場合は、産地によってデザインや質感が全然違ってくるので、絨毯売り場の人に相談するのをオススメします。私なら、予算は後回しにして、以下の3点を重視します。

さらに、織り絨毯には無地のものがほぼないため、自宅のインテリアとの相性も慎重に考えます。無地に近いデザインであれば、ギャべ(ギャッベ)絨毯がいいですし、まさにペルシャという感じの絨毯なら、イスファハン産かタブリーズ産(どちらもイランの都市)のウール絨毯がオススメです。ちなみに、歴史あるメーカーが多いイスファハン産はその多くに良質なウールが使われていて手触りが良く、タブリーズ産はとても頑丈なのが特徴です(産地ごとの特徴はまた改めてご紹介できればと思います)。

と、絨毯選びのポイントを簡単にお話しましたが、まずはメーカーや絨毯専門店に足を運ぶのが第一歩です。高い買い物になることが多いペルシャ絨毯ですので、ぜひ、実際にお客様の目で確かめていただきたいです。ちなみに、大成コーポレーションでも絨毯販売をしていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

大成コーポレーションのLINE公式アカウントでは、絨毯に関するさまざまな情報を発信しています。また、修繕や販売についてのご質問などもLINE公式アカウントで受け付けておりますので、ご登録のうえ、お気軽にお問い合わせください。

そのほかの記事を見る